大洲藩 霧乃光 全セット

大洲藩 霧乃光 全セット

通常価格
¥17,700
販売価格
¥17,700
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

大洲藩 霧乃光 全セット

☆霧乃光(300ml、720ml)各種4本ずつの計8本、

☆朝霧枡・蛇の目枡(全8種)

☆砥部焼のとっくり(1こ)・おちょこ(2こ)

上記のセットが入っています。

 

霧の中から差し込む一筋の光

そんな情景を思い浮かべながら飲んでいただきたい。

 

キャッスルステイで一躍脚光を浴びた大洲城を有し、清流肱川と共に発展してきた水郷大洲。

歴史あるこの地域を「大洲藩」という視点でとらえ、お酒と食文化の発展の為、地元を盛り上げていこう、という「大洲藩プロジェクト」に賛同していただいた旧大洲藩内の四蔵元と、またこのプロジェクトを応援し、協力してくださった方々と共につくりあげました。

わたしたいの住む愛媛県大洲市は、「肱川あらし」という現象を見ることのできる霧の町です。大洲盆地に発生した霧が、肱川の流れに沿って瀬戸内海へ流れ出る中で垣間見える光は神々しく幻想的であり、そのような「肱川あらし」がつくりだす美しい情景をイメージして「霧乃光」と名付けました。

また、未だ収まることのないコロナウイルス感染症。先が、見えず霧の中にいるような状態です。そのような世の中に早く光が差し込み、晴れ渡った世の中になるようにと願いを込めました。

ご家族、知人、永らくお会いできていない皆様のお手元に届き、困難を乗り越え以前のように一献傾け最高のひとときを過ごせることを切に願っております。


「霧乃光」は藩政時代の大洲領総鎮守、八幡神社(大洲市阿蔵)で毎朝行われているコロナウイルス収束祈願のお供えとして奉納させていただいております。また、売り上げの一部を同社に奉納し、歴史・文化の伝承と地域永続の一助とさせていただきます。